和歌山の離島・友ヶ島

更新日
2021/12/20
所属
観光学部
2年生
ライター
あかしば
記事のタグ
おでかけ
 

南国の別天地・友ヶ島

 
紀淡海峡に浮かぶ和歌山県の無人島…、そう友ヶ島です!
 
友ヶ島は、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の4つの島で構成されています。
 
今回はその中でも、多くの観光客が訪れる沖ノ島の魅力を紹介します!
 

いざ、沖ノ島へ

 
まずは加太港から沖ノ島まで向かいます。
往復券は、大人1人2200円。
私が訪れた日は休日で、船は1時間おきに出ていました。
 
船に揺られること20分。
沖ノ島に到着!!
 
 
そこにはとてもきれいな景色が広がっていました!
 

第5砲台を目指して…

 
乗船所から近いということもあり、まずは第5砲台を目指して歩き出しました。
 
 
結構急な坂道が続きます。
 
木々に囲まれた坂道を歩くこと約10分…。
 
 
ついに第5砲台に到着しました!
 
第5砲台は当時、砲台以外の軍事施設が集中していた北側エリアを守るために造られた砲台です。
 
私が友ヶ島に降り立って初めて見た砲台。なんだか不思議な雰囲気を体感することができました。
 

友ヶ島灯台へ

 
次に、友ヶ島灯台へ向かいました。
第5砲台から20分ほど険しい登り坂&下り坂を歩いて、友ヶ島灯台に到着しました!
 
 
友ヶ島灯台は明治時代に建てられた洋風建築です。
昭和55年に一度改築されましたが、今でもほぼ原形通りに保存されています。
その昔、紀淡海峡を航海する船の道しるべにもなっていたんですよ。
 

有名な第3砲台へ!

 
最後に、友ヶ島でおそらく一番有名な第3砲台へと出発!!
ネット上では「まるでアニメの世界!」と謳われていたりします。
ワクワクしながら、毎度おなじみの険しい道のりを歩きます。
 
そして到着すると…
 
 
こんな景色が広がっていました!
まるで異世界に迷い込んだかのような感覚!!
 
 
中にはいくつかの砲座と、それらをつなぐトンネルがありました。
木々に囲まれた空間は、まさに「アニメの世界」のようでした。
写真ではその感動が伝わりにくいと思うので、ぜひ実際に訪れてみてください!!
 

まとめ

 
沖ノ島の魅力、伝わりましたか?この記事を読んで少しでも興味を持ってくれた方は、実際に訪れて、五感で沖ノ島を感じてみてください!
 


 
©️ 2021 WADAI.me