きのくに線活性化プロジェクト

更新日
2022/03/25
コンテンツ
所属
そのほか
 
団体名
 和歌山大学きのくに線活性化プロジェクト
 (非公認団体)
 
団体紹介
 「わかやまに関わりたい、楽しみたい。あなたの関わりしろ」  私たちは、「きのくに線」を通じて、  わかやまの活性化を目指すという理念で活動しています。  きのくに線は、和歌山を北から南へ、海岸線を走るJRの路線です。  沿線には白浜や串本、那智勝浦といった景勝地があり、車窓から見える海は絶景。  沿線地域に入り、関わり、どんどん楽しいことを実践しています。
 【これまでの活動】  ・SNSできのくに線の魅力を発信  ・海の見える駅の景観を草刈りで改善   https://www.youtube.com/watch?v=yEPZT63Ohkg  ・観光列車「ウエストエクスプレス銀河」の乗客をわだにゃんとお出迎え   https://www.youtube.com/watch?v=XYroUMm9C5k  ・車窓から海が見える区間を伝えるマップ「うみえるマップ」を作成  ・地元ゲストと旅行者が交流「旅の計画会」オンラインイベントを実施  ・古座駅を「カヤックの駅」に。駅プロデュース  ・「銀河」最終日に沿線1000人と手を振ってお見送り   https://www.youtube.com/watch?v=0tLqgPLOuiw  ・地元の人と一緒にご飯を食べたり、お喋り  ・鉄道防災に関する取り組み
 メンバーは色々な思いで参加しています。  「地域づくりに関わってみたい」「海が好き」「ローカル線が好き」など。  現在のメンバー数は13人、学部問わず所属しています。お気軽にご連絡ください。  ※当団体は和歌山大学の学生で構成される自主プロジェクトであり、  「大学公認団体」ではありません。  また、クリエやLPPといった学外活動の枠組みにも所属していません。  (スーパーバイザーとして、和歌山大学紀伊半島価値共創基幹の  西川一弘先生が所属しています。)
 
活動場所
 きのくに線沿線地域  (那智勝浦、新宮など紀南地域を含む)
 
基本的な活動日程・時間
 週1回~のオンライン会議、  1ヶ月~3ヶ月に1回程度沿線地域での活動  企画などがあるときは会議、現地での活動が増えます。  日程調整は1ヶ月ごとに、メンバーの時間割や予定に合わせ調整します。
 
ポスター
 
 
メッセージ
 地域づくりや地域活性化の観点から、  わかやまに関わってみたい人におすすめの団体です。  沿線地域が広いので、  多くの地域で色々な人とつながることができます。  また、JR西日本や沿線自治体とも連携体制をつくっており、  鉄道や地域で制約も多い中ですが  最大限の動きができるようになっています。  鉄道愛好会ではありません。  地域との関わりや魅力発信、  企画づくりやスキルアップなど広く楽しみたい方を歓迎します!
 
費用(部費)
 年度ごとに、団体としてかかった費用を会費として精算  (→2021年度は3000円程度)。  現地での活動にかかる旅費は基本的に自己負担ですが、  活動によっては負担なしの場合もあります。
 
SNSアカウント
 Twitter @kinokuni_active
 Instagram @kinokuni_active
 


 
©️ 2022 WADAI.me