男子バスケットボール部を紹介!

更新日
2021/11/22
所属
経済学部
2年生
ライター
MmM
記事のタグ
学生生活
男子バスケットボール部
 
和歌山大学には31団体の体育系クラブ、18団体の文化系クラブが存在しています。
 
しかし、コロナウイルスの影響で、新入生歓迎会や部活紹介のチラシを配ったりすることができず、どういった活動を行っているのかわからない部活がたくさんあると思います。そこで、WADAI.me を通じて様々な部活について知ってもらいたいなと考えています。まず、第1弾は男子バスケットボール部です。早速紹介していきます!
 

男子バスケットボール部

 
男子バスケットボール部は現在、2回生のプレーヤー6人、マネージャー2人、1回生のプレーヤー7人の計15人で活動を行っています。活動日は火・水・金・土の週4日間、場所は体育館で行っています。まずは、15人の中から注目のメンバーを紹介してきたいと思います!
 

部員紹介

 
No.1 - 齋藤亮太
バスケ部の真面目担当
 
1回生のころからキャプテンを務めています。少し抜けているところがあり、周りから怒られることもありますが、チームのことをしっかりと考えていて、キャプテンらしい姿をみんなに見せています!また、留学生が見学に来たときには、英語で会話をするというみんな驚きの一面を見せました。
 
プレー面では、ボール運びからシュートまで様々なことを行います。シュートフォームがきれいでバスケをあまり知らない人が見てもこの人上手だな~とおもうような動きをします!
 

 
No.2 - 遠藤裕太
バスケ部のかわいい担当
 
ポメラニアン似の副キャプテン。
 
大阪出身を感じさせる明るく面白い性格に加え、マネージャーのお手伝いをたくさんしてくれる優しさも持っています。一方で、バスケのことになると自分の考えをしっかりと周りに伝え、副キャプテンらしい姿を見せます。
 
プレー面ではガードというポジションでボール運びを行っています。ディフェンスでは、人間とは思えないぐらい細かい足の動きで相手の攻撃をとめます。
 

 
No.3 - 狭間皐人
 
バスケ部のギャップ担当
 
練習キャプテンを務めるエース。シュートが入りすぎて、シュートを打つ機械と言われています。後輩からも「人間じゃないっす」と言われることがあります。しかし、ふざけるときにはみんなにいたずらをして楽しみます。練習中には周りへのアドバイスもたくさん行い、チームメイトから頼られています。
 
プレー面では、驚きのシュート率でたくさんの得点を取ります。しかし、それだけではなくアシスト、パスカット、リバウンドなどすべてのプレーでチームに貢献します。
 

 
No.4 - 島田恒
 
バスケ部のいじられ担当
 
先輩に対してしれっとため口を使う1回生。初対面ではクールな印象があるが、話してみるととてもいじりがいのあるキャラクター。試合で審判をして、両チームの監督に抗議をされるという恐ろしい状況でも、楽しかったという感想が一番に出てくるような強いメンタルの持ち主。
 
プレー面ではフォワードというポジションで得点をたくさんとります。スリーポイントラインよりもさらに遠いところからも得点を決めます。
 

 
No.5 - 濱田蒼哉
 
バスケ部のひたむき担当
 
後輩感あふれる1回生。いつでも明るく、初対面でもとても話しやすいです。ひたむきな性格で練習には誰よりも前向きな姿勢で参加します。強い向上心も持っていて、積極的に自主練を行ったり、バスケの動画を見て勉強する努力家です!
 
プレー面では、スリーポイントなどの遠いところからのシュートも狙いますが、筋トレ好きを活かしたパワーでゴール下でのプレーも行います。
 

 
No.6 マネージャー
 
練習では、お茶の準備やタイマーの管理などをしています。試合では、スコアを書いたり、記録の集計を行っています。
 
楽しくてやりがいのある仕事です!
 
私たちと一緒にマネージャーをしませんか?いつでも待ってます!!
 

 
和歌山大学 男子バスケットボール部 公式SNS
 


 
©️ 2021 WADAI.me